【まとめ】

 

働く人間関係における「家族」もしくは「家族的」の定義は何か。

どの程度の距離感で私たちは働きたいと思っているのか。

ギスギスした関係も嫌だし、ベタベタすぎるのも考えもの。

仕事だから法律上は契約関係。

しかし契約だけの関係ではあまりにも寂しい。

契約だけれども信頼に基づいてある程度委ねたい。

お互いに委ね合えるのが良いが、仕事である以上甘えにも限度がある。

今回の議論は、自分の中での会社の位置づけ、そして職場における適切な人と人との距離感についての話でした。

会社の位置づけや適切な距離感というものは人によって全員違います。

仕事においてはベースとして契約に縛られます。

その契約の上に、どのような人間関係を築いていくのか。

そして契約の相手方である会社に対してどんな感情を抱くのか。

今回話し合われた理想とする家族的な人間関係では、

距離感のみならず個々にも自律や対等であることを求めています。

あなたが仮に社長だったら、もしくは職場の長だったら、どんな人間関係の職場を作ろうとしますか?そして社員にとってどんな存在でありたいと考えますか?

それを育む“DNA”にはどんな遺伝子を埋め込みたいと考えますか?

What's New

はたらくLabo

サイトオープン!

 

2012.06.22

参加方法UP!

 

2012.12.4

2013年1月テーマUP!

皆様のご意見をお寄せください

ご意見はコチラから 

 

 

 

Feelworks Twitter